共産党が医労連寄りの記事を赤旗に掲載する狙いは?|グローバルユニオン

永島Pによれば、これまでの赤旗を拡散する行動から一変して、医労連は共産党を支持していないと言っています。

しかし、首都圏青年ユニオンの組織の専従者が被告となった事件について、馬塲亮治特定社労士事件の詳細が赤旗に掲載をされていました。

以前の記事でも触れましたが、医労連が共産党支持団体であることはすでに明らかではあるものの、仮に永島Pのいうことが真実で共産党不支持団体であるのならば、日本共産党の悪質性が顕著になります。つまり、日本共産党が「勝手に」(彼らの論調ならば独自にとでもいうべきでしょうか?)取材をし、記事を書き、赤旗に掲載することで、医労連や首都圏青年ユニオンを懐柔し、組織票を獲得するために、仲間に引き入れようとしていたということになります。

もし、それが真実であったとするならば、日本共産党の狙いは何なのでしょうか?

「人」と「組合費」なのではないでしょうか?

永島Pによれば、日本共産党と赤旗編集部は、医労連に個人情報までも流出させ、労働者の皆様の切実な問題を金銭に変えようとする、とんでもない団体です。

こういう、悪質極まりない、政党と手を結ぶ労務屋風情に金を払って組合員となったり、(時には当組合が労働三権を行使する株式会社ZERO−1ホールディングス八代氏と手を結んでいます)、赤旗の購読を強要されたりすると、後々、手を切らせてもらえなくなってしまいます。皆さま、十分に気を付けてください。