共産党の危険性|首都圏青年ユニオン連合会, グローバルユニオン

最近では、統一教会と自民党などの保守系政党との関係が連日報道されています。

保守系政党も統一教会も監視対象団体ではありませんが、監視対象団体である共産党(※公安調査庁調査対象団体)と首都圏青年ユニオンは、共産党の機関紙である「赤旗」に馬塲亮治特定社労士事件の掲載をしてもらうほど、密接な関係にあります。

共産党の機関紙に馬塲亮治特定社労士事件を掲載した目的は、共産党が、首都圏青年ユニオンの組合員を党員として獲得するためだったことは明白です。

つまり、今回の保守系政党と統一教会の接近の様子を鑑みると、首都圏青年ユニオンから共産党に歩み寄ったのではなく、共産党の側から首都圏青年ユニオンに歩み寄っていったからこそ、政党の活動には全く関係のない、馬塲亮治特定社労士事件について、大々的に掲載したと考えるのが自然ではないでしょうか?

今は、統一教会が叩かれていますが、それよりも昔から、長年に渡り監視対象団体であるのが日本共産党なのですから、統一教会以上に注意すべき団体であると言えるでしょう。

実際に、個人に対するテロだけではなく、大須騒擾事件や、白鳥警部殺害事件など、多くの破壊活動を惹起した組織が日本共産党です。

そう言った政党と密接に関係している首都圏青年ユニオンは、労働者の皆様によって糾弾をしていかなければならないのではないでしょうか?


※公安調査庁とは
公安調査庁は,破壊活動防止法,無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づき,公共の安全の確保を図ることを任務として,オウム真理教に対する観察処分を実施するとともに,国内諸団体,国際テロリズム,北朝鮮,中国,ロシア等の周辺諸国を始めとする諸外国の動向など,公共の安全に影響を及ぼす国内外の諸情勢に関する情報の収集及び分析に取り組み,我が国情報コミュニティの一員として,情報(インテリジェンス)の提供を通じた政策決定への貢献に努めています。(公安調査庁HP)