050-2018-1180

副業をしている方必読!労働委員会は貴方を守ってはくれません!!|グローバルユニオン

副業をしている方必読!労働委員会は貴方を守ってはくれません!!
令和3年1月26日、2度目の緊急事態宣言が出て久しく、労働者の皆さんが苦境に喘いでいるこの日に、福岡県労働委員会から信じがたい決定が出ました。

何と、副業での収入が0円であるにも関わらず、副業で「事業主」であるという理由で、一般サラリーマンの「労働者性」が否定されたのです!!

福岡県労働委員会から「労働者」を否定されたことに関するハローワークへの照会書(内容をPDFでご覧いただけます)
添付資料①「福岡労委令和2年(不)第6号 決定書(写)」-山川運輸(内容をPDFでご覧いただけます)
添付資料②「福岡労委令和2年(不)第5号 決定書(写)」-くろえクリニック(内容をPDFでご覧いただけます)

→事案の詳細の知りたい方はこちら 福岡県労働委員会
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/roudouiinkai.html

今回、当ユニオンの盛合執行委員長は、給与だけで生計を維持し(もちろん、雇用保険にも社会保険にも加入している一般サラリーマンです)、副業としての収入が0円であったにも関わらず、労働委員会は盛合執行委員長の「労働者性」を否定しました。

労働者性が否定されるとどうなるか・・・サラリーマンの皆さんなら、この後被る不利益にぞっとすることでしょう。
失業したときの失業給付は?今まで納めていた社会保険料は?保険証はどうなるの?・・・不安は尽きません。

そもそも、コロナ禍により、サラリーマンとしての「メインの収入」が減ることから、副業を推奨する企業が大幅に増えていることは、ニュースでも大きく取り上げられており、社会一般に広く知られている事実です。

あなたや、あなたの周りにも、「しかたなく副業を始めた」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

私達労働者だって、メインの収入だけで十分に生活出来るのであれば、わざわざ個人事業主として副業をしたりしません。
生活出来ないから副業をして、今まで以上に懸命に働いているのです。

それにも関わらず!

副業を理由に「労働者性」を否定し、労働者としての権利を剥奪しようと目論むなんて、労働委員会は一体何を考えているのでしょうか。

「労働委員会」を名乗るのであれば、労働者の権利を侵害するのではなく、労働者の権利保護のために尽力して頂きたいです。皆さんもそう思われませんか?

残念ながら、この決定により、福岡県労働委員会においては、コロナ禍で、個人事業として副業している労働者は、「労働者ではない」ということになりました。
そして、労働委員会の庇護を「売り」にしている多くの有料労働組合も、この判断に追従するでしょう。

しかし!!

当組合は、そのような「理不尽」は決して認めません。

そもそも、巨大な組織や既得権益に対して、一般人である一個人が団結して立ち向かおうというものが「ユニオン」の理念です。
そのような理念すら忘れてしまった、多くの既存労働組合には、もう魅力も未来はないでしょう。

副業をしている皆さん。
当ユニオンは、執行委員長と同様に、副業せざるを得ない皆さんを労働者として組合員に迎い入れますので、ご安心して、ご加入ください。
そして、この理不尽な決定や、ブラック企業に対し、毅然とした態度で、抗議の声を上げていきましょう。

当記事にご賛同頂いた方は、どうぞネット上で拡散をお願い致します。

貴方の声が、社会を動かす強い力になります。

以上